店舗のテーブル・椅子の寸法と選び方 繁盛する店舗デザイン・開業豆知識|店舗設計リンゴボーイデザイン

店舗デザイン 名古屋サイトマップ

電話052-799-9077 9:00~19:00(無休) メールフォーム 無料相談会予約 お問合せ お見積もり依頼

スライド画像1

儲かる店舗デザイン BLOG

店舗のテーブル・椅子の寸法と選び方 繁盛する店舗デザイン・開業豆知識

2016.1.23リンゴボーイデザイン

テーブル・椅子の高さの話

例えば食事しに飲食店に行って、椅子に座ってみます。
テーブルがちょと高くて、なーんか食べづらい、ってことありませんか?
テーブル・椅子の高さが『悪い』お店が、意外と少なくない!
気づいてない方、ちょっと気をつけて見てみてください。

あまりにテーブルが高すぎると、肘が上がり食べ難い姿勢になります。
逆に低すぎると、太ももがテーブルに入りにくくなってしまいます。
そこで大切なのが、『椅子の座面とテーブルの高さの差』になります。


↑ だいたいテーブルの高さは700mmくらいが普通。
椅子の座面の高さは400~450mmくらいが一般的。
ズバリ『椅子の座面とテーブルの高さの差』『280mm』がベスト!

よく和風の高級な椅子とかで、座面高350mmくらいの低いものが
ありますが、その場合はテーブルの高さもそれに合せて低くしましょう。

あとテーブルの上で、コンロ使ったり、七輪で焼肉なんて場合も
テーブルは低めにしたりします。


↑ 座卓の場合、テーブルの高さは330mmくらいが一般的。
おしりの下の座布団の厚みや、あぐらの時の太ももを考えると
こんなもんでしょ。


↑ 掘りごたつの場合も、テーブルと同じで
『椅子の座面とテーブルの高さの差』『280mm』が基本。
上記のように座布団の場合は、座布団の厚みを考慮します。


↑ ソファーの場合は、こんな感じが一般的。
ソファーが低くなればなるほど、テーブルとソファーの間を
広くしたほうが、脚を伸ばしやすくなります。


↑ よくカフェなんかで、ソファー席なのに食事がある場合。
普通のソファーのテーブルの高さでは低すぎて食事がしにくい。。。
なんで、普通よりちょっと高めにすると、食事がしやすくなります。

当然、個々の案件でいろんな問題を考慮する必要はありますよ。
今日紹介したのは、あくまで一般的な数値です。 ハイ。

飲食店の場合、意匠性(俗に言うデザイン)にばっかり凝っても、
こんな初歩的なことを考慮した設計ができてなくては、
話になりません!
食事し難いってことは、お客さんが来ない、
繁盛しないってことです!

これは基本中の基本、初歩の初歩。
お店開きたい方、ちゃんと覚えておきましょう。

タグ

儲かる店舗デザイン ブログ記事一覧はこちら

はじめての開業を応援します!はじめての店舗開業道場 マンツーマンではじめての店舗開業をコンサルティング

失敗しない店舗出店を応援します!儲かる店舗デザインに近づける、店舗デザイン相談会です 2017年11月11日(土)
2017年11月25日(土)

店舗デザイン・店舗開業についてお気軽にお問い合わせ下さい 電話番号:052-799-9077 FAX番号:052-799-9078

メールでのお問合わせ
無料相談会お申し込み

店舗デザイナーの仕事は「オシャレなお店をつくること」ではありません。大切なのは「儲かるお店をつくること」。リンゴボーイデザインは店舗デザインだけでなく、資金計画のご相談から経営コンサル、チラシなどの広告の制作、スタッフのマナー教育サポートまで、本当の意味での「店舗プロデュース」を行うことで、オーナー様の店舗づくりを成功に導くお手伝いをしています!

「初めての開業だから、何をすればいいのかわからない……」
「繁盛店にするためのアドバイスが欲しい」
「店舗デザイン以外でもサポートして欲しい」

当社は、こんなお悩みやご要望をお持ちのオーナー様を支え、繁盛店へと導く店舗デザイン・店舗設計事務所。愛知・岐阜・三重中心としたエリアで、繁盛するだけではなくお客さんに愛されるようなお店を目指し、オーナー様の店舗づくりをサポートします。

店舗デザイン 名古屋 店舗デザイン 名古屋ページトップへ