居抜き物件選びで失敗しないチェックポイント【前編】|店舗設計リンゴボーイデザイン

店舗デザイン 名古屋サイトマップ

電話052-799-9077 9:00~19:00(無休) メールフォーム 無料相談会予約 お問合せ お見積もり依頼

スライド画像1

儲かる店舗デザイン BLOG

居抜き物件選びで失敗しないチェックポイント【前編】

2016.3.25リンゴボーイデザイン

最近多い、居抜き物件(居抜き店舗)のことについて、
2回に分けて書きたいと思います。

テナント物件の場合、フルスケルトン(造作が全くない状態)で入居して、
退去する時は、フルスケルトンに解体してからお返しするってのが
普通です。 いわゆる現状復帰ってヤツですね。

でも最近は『居抜き』といって、店の内装(造作っていいます)や
エアコン・空調、水廻り、照明等の設備、飲食店であれば厨房機器なんかを
そのまま残して退去するってことも、かなり多くなってきています。

全て解体して、現状復帰するってことは、以外にお金がかかります。
解体工事、残材処理等かかってきます。
普通お店を閉めるってことは、まー、あんまり調子が良くなくて閉める場合が多くて
(移転の場合は別ですが)
いずれにしろ、これからお金を生まない事に、お金をかけるってことで、
こんなバカバカしい話はありません。

逆にこれからその物件に入居して、建築工事をしようとしている人にとっては、
エアコンが残ってる、厨房機器が残ってるってのは、
コスト的に安く入居できることになります。

ってことで、退去する人、入居する人、さらにテナント物件の大家さんが
合意できれば、そのまま造作等を残して退去してもよいよってのが、
いわゆる『居抜き』ってヤツです。

居抜き物件の場合、造作や設備の権利を譲渡するので、入居する人から退去する人に
権利譲渡金っていうのを支払う場合が多いです。

退去する人にとっては、大金をかけて作ったり、買ったりした、造作や設備機器。
少しでも高く売りたいのは、当然です。

でも入居する人にしてみれば、安く買いたいのも当然。
もし入居する人が、『権利譲渡金が高いからいらない。フルスケルトンで出てって』と
言ったら、退去する人は、権利譲渡金が入らないと共に、解体費用がプラスされます。

逆に、すっごく魅力的な物件の場合、多くの入居希望者がいる場合なんかは、
退去者が『一番高く買ってくれる人に売る』と強気に出る場合もあるし、
『んじゃ、フルスケルトンで出たる』って開き直る場合もあります。

この辺は完全に交渉ですよね。
権利譲渡金で上手くまとまらないってことも、少なくないですし。

最初に不動産屋さんとかに示されている、権利譲渡金ってのは
ちょっと高く(希望金額)設定されている場合が多いので、
下がる場合が多いかな。。。

ま、でも、退去する人も、入居する人も、
お互いメリットがあるのが『居抜き』です。
だから、無理言わずに、無難な落としどころを探りましょ。

そういうのも、デザイナーさんや建築業者さんに相談するのも
いいと思いますね。

ってことで、後編では、居抜き物件のイイとこ、悪いとこ、
気をつけるべきポイントなんかを書きたいと思います。

  → 居抜き物件選びで失敗しないチェックポイント【  後編】

タグ

儲かる店舗デザイン ブログ記事一覧はこちら

はじめての開業を応援します!はじめての店舗開業道場 マンツーマンではじめての店舗開業をコンサルティング

失敗しない店舗出店を応援します!儲かる店舗デザインに近づける、店舗デザイン相談会です 2017年9月9日(土)
2017年9月23日(土)

店舗デザイン・店舗開業についてお気軽にお問い合わせ下さい 電話番号:052-799-9077 FAX番号:052-799-9078

メールでのお問合わせ
無料相談会お申し込み

店舗デザイナーの仕事は「オシャレなお店をつくること」ではありません。大切なのは「儲かるお店をつくること」。リンゴボーイデザインは店舗デザインだけでなく、資金計画のご相談から経営コンサル、チラシなどの広告の制作、スタッフのマナー教育サポートまで、本当の意味での「店舗プロデュース」を行うことで、オーナー様の店舗づくりを成功に導くお手伝いをしています!

「初めての開業だから、何をすればいいのかわからない……」
「繁盛店にするためのアドバイスが欲しい」
「店舗デザイン以外でもサポートして欲しい」

当社は、こんなお悩みやご要望をお持ちのオーナー様を支え、繁盛店へと導く店舗デザイン・店舗設計事務所。愛知・岐阜・三重中心としたエリアで、繁盛するだけではなくお客さんに愛されるようなお店を目指し、オーナー様の店舗づくりをサポートします。

店舗デザイン 名古屋 店舗デザイン 名古屋ページトップへ